​Statement

Since my early works I have held an interest in women, and have continued creating paintings with women as subjects. I have pursued as my main themes the difficulties of living in society as a woman, or the manner in which we ought to be living in these times. 

All of the paintings are based on interviews with women, and I attempt to paint a genuine account of women living in the current generation by converting their voices into paintings. I meet the women I interview in various contexts; a woman I coincidentally sat next to in a café, someone I saw on the street, or a person I met on social media. 

The works are titled with colloquial phrases, which are extracted from the interview responses. My work reveals the stories or the problems that these women carry by layering their words in the title with the fragmentary scenes of their daily life depicted in the paintings. 

By painting the manner in which we live day to day in this era and the problems that we face, I am trying to depict the grander picture of society through the conditions of individuals. 

私は、一貫して女性に興味を抱き、女性をモチーフとして絵画を描き続けています。

私自身が女性だからこそ感じる社会における生きづらさや、そんな環境の中で私たちがどう生きていくべきか、そういったことをメインのテーマとして追求してきました。

全てのペインティングは女性たちへのインタビューに基づいており、彼らの声をペインティングに転換することで、今の時代を生きる女性たちのリアルな姿を描き出そうとしています。インタビューの対象は、偶然カフェで隣に座った人や、道端で見かけた人、SNSで出会った人など様々です。

作品には、口語調のタイトルがつけられており、これらは全てインタビューの中で彼女たちが話した言葉から抜粋しています。ペインティングに描かれた彼女たちの断片的な日常の光景と、タイトルとして抜粋した彼女たちの言葉が重なることで、彼女たちが抱える問題やその物語をあぶり出すのが私の制作です。

今のこの時代を生き抜こうとする私たち自身の姿や私たちが抱える問題を描きだすことで、個人にとどまらない私たち社会全体の姿を描き出そうと試みています。